teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


みかんさんへ

 投稿者:はち  投稿日:2017年 7月13日(木)21時54分5秒
返信・引用
  > No.4196[元記事へ]

みかんさんへのお返事です。

はじめまして。ありがとうございます。
こちらの返信が遅くなり、大変申し訳ありません。

デオナチュレシリーズ、是非参考にさせていただきたいと思います。
制汗剤やわきがクリームもたくさんの種類があるため、変えたいと思ったときにどれから試すかが大変難しく、ご意見とてもありがたく思います。
掲示板に投稿させていただくか、迷っていたのですが、本当にありがとうございました。

> はちさんへのお返事です。
>
> はじめまして。
> 弟さん、少しでも快方に向かうと良いですね。
> 私も顔に水につけると悪化しがちです。
> 長い戦いで疲れてしまいますが、先生の本や、こちらの掲示板を拝見して試行錯誤の毎日です。
>
> 私の家族も臭いで困っていましたが、デオナチュレシリーズでだいぶ気にならなくなりました。
> 市販の製品で、もちろん色々添加物はありますが焼きミョウバンを使用したものみたいです。
> パッと見た限り、グリチルリチンは含まれていないようですが、先生や薬剤師さんに伺うと安心ですね。
> 大体どこの薬局にも置いてある印象なので、よかったら。
>
 
 

佐藤健二先生へ

 投稿者:はち  投稿日:2017年 7月13日(木)21時36分18秒
返信・引用
  佐藤健二さんへのお返事です。

お返事ありがとうございました。こちらの返信が遅くなり、大変申し訳ありません。
弟は、ここ1年程は特に気持ちに症状が左右されやすい様にみえますので、家族が不安を煽るだけにならない
ように、受診させていただくまでは、制汗剤の話は伏せ、近いうちに時間を作って伺えたらと思います。
ありがとうございまいた。
 

ふとまるさんへ

 投稿者:山賊  投稿日:2017年 7月13日(木)16時16分42秒
返信・引用
  辛いですよね。自分も今現状良くはなく悪い状態です。しかも現状更に良くないことを考慮しないといけなくなりました。
自分は元々和歌山在住で今学校で新潟にいるのですが。前にタンパク質の不足が原因じゃないかな?と睨んでいたのですが。ここ1月ほど食事を元に戻して様子を見たのですが「治って行ってる気配がない。むしろ患部が徐々に広がっている」状態でして。先生の本で学んだことは基本的に実施してるし。もう当てはまる項目が「場所の移動」しか無くなったんですよ・・・

新潟での学校はむしろ楽しく行ってるし新しいクラスの子たちともすぐ打ち解けたし(あまりのコミュ力に先生びっくりしてたレベルで」去年ヘルペスとの合併で休学で絶望してた時とは心身状況もかなり違うし。水分量とか基本的に気を付けることは生活習慣レベルで癖づいてるし最近疲れが溜まってるとかそういう感じもないのにヘルペスの時に出たところに症状出てたんで「バラシクロビル」を飲んだら案の定収まったりで・・・・そういえば小5の時親離婚して1学期間長崎いたときアトピーだったなぁと思い出して「そういえば和歌山戻ってから治ったよな」ってのを現状から思い出して。あれ?詰んでる?って状態になってますorz

自分は自然環境分野の専門学校へ行ってるのですが。今の自分の状況についてこっちの考慮もしなくてはいけなくなりました。
例えば植物、花とか草とかあるじゃないですか?どこにでもある雑草です。自分たちはそのことについて学んでるんで詳しいのですが日本でも県によって植生がかなり変わってます。どこにでもいるやつもいればこの県にしかいないやつもいたり。動物で例えるなら簡単に「ヒグマ」は「北海道にしか居ない」それは「環境的」にそこにしか居られないというものなんです。それが今自分の状況に当てはまっちゃってるんじゃないかと。

要するに皮膚の機能的な面で欠落を持ってる自分が「和歌山」の環境で育ってこの環境で慣れた体が出来上がり「新潟」や「長崎」で長期滞在をした際に気候その他諸々の環境に皮膚が調節の対応が出来なくて中から浸出液が出て再発したのかなと・・・実際他府県や海外へ行って治った人も居たりするので無いと断言できない部分かつ一番考慮したくない答えが最近出てしまっています・・・というかもうこれ以外当てはまるものが・・・治ってた実績ある和歌山帰るしか対処法無いじゃん・・・
長期滞在したらいつか皮膚が順応するかもしれないとは思いますが、1年間頑張って行ってた時期あって休学してから再スタートでこのざまじゃあ数か月とかそんな単位じゃなくて年単位の期間見ないといけないんじゃないかなぁと思ったり・・・。

丁度皮膚に違和感を覚えたのもGWの終わり頃でして授業もまともに始まっていないこの時期にしかも長期休みで悪化の兆しが見えたのもまぁ違和感もありました。

親とも話し合って「前期でとれる資格を取ってから学校を辞める」という話を最近しました・・・体が悪化していってるので卒業まで頑張ったとしてもそこからの就職という流れに持っていけない可能性が大いに高いのと、前より早い段階でヘルペスが見えてるので前みたいに拗らせて実家に戻ってしまうと社会復帰までに休学したときと同じくらいの時間がかかると判断したからです。それなら@1か月ほどで夏休み中でとれる資格を取ってからまだ症状がましなうちに和歌山に戻るという手段をとったほうがリスクを考えたとしても安全だと思ったからです。
下手したらそれまでに自分がくたばる可能性もあるのですが・・・。
20代の若輩者が言うセリフじゃないですが。人生なかなかうまく行きませんなぁ・・・
 

山賊さま

 投稿者:ふとまる  投稿日:2017年 7月13日(木)10時20分32秒
返信・引用
  > No.4192[元記事へ]

山賊さんへのお返事です。

このところ、めちゃくちゃ調子が悪く、汁まみれになってましたが、やっと、
すこし、落ち着いてきました。

私の場合、「身に覚え」は「ストレス」が一番大きいです。
次が「汗」かな。
でも、どちらも避けられないですよね。
そもそも「脱ステ中」が「強力ストレス」ですし、この季節、「汗をかかない」なんて無理ですし。

職場でも家でも粉だらけ、汗だか汁だかわからないものを出し、つんと来る匂いがすると、かなりしんどいですね。顔が一番、しんどいです。痛いし痒いし。

確かに、まぁ、確実に良くなる。
確実に良くはなるんだけど、また、強烈なかゆみに襲われて体中をひっかきまわして傷だらけになって元の黙阿弥になる。
それがつらいです。

でも、「痒みとは無縁」の境地に至れるんですねー。
「痒みとは無縁」になった人がいる、というのは励みになります。

ありがとうございました!




> ふとまるさんへ。
>
> 多分ですがアトピーの体質自体は私も再発しましたし一生治らないんだと思います。
> 先生の本で。皮膚の免疫不全ではないか?との考案がありましたが。その通りだとしたら生まれ持った症状。簡単に表すと「生まれもって目が見えない人」と状況は似てると思います。目が見えない人には他の五感の部分で代償作用が働くように。自分たちアトピーの人間には皮膚機能で何らかの代償作用が働き。その均衡が取れた時に皮膚炎が消えるのではないかな?と思います。
> 自分が治ってた時は均衡がとれていて。再発したときは食事代ケチってたりしてたせいで均衡が崩れて再発したのかなと思っております。
>
> まぁこれは自分の場合なので人それぞれ違う部分があるのだとは思います。
> ふとまるさんも無理しない程度に頑張ってください。
> 自分の過去を振り返ってどんな感じだったか状況を整理するのも有効かと思います。
> そういうところに悪化原因潜んでたりしますんで
 

Re: 佐藤健二先生へ、制汗剤の成分について

 投稿者:みかん  投稿日:2017年 7月11日(火)02時16分28秒
返信・引用
  はちさんへのお返事です。

はじめまして。
弟さん、少しでも快方に向かうと良いですね。
私も顔に水につけると悪化しがちです。
長い戦いで疲れてしまいますが、先生の本や、こちらの掲示板を拝見して試行錯誤の毎日です。

私の家族も臭いで困っていましたが、デオナチュレシリーズでだいぶ気にならなくなりました。
市販の製品で、もちろん色々添加物はありますが焼きミョウバンを使用したものみたいです。
パッと見た限り、グリチルリチンは含まれていないようですが、先生や薬剤師さんに伺うと安心ですね。
大体どこの薬局にも置いてある印象なので、よかったら。

>  はじめまして、お世話になります。
>  私の弟は29歳で、24歳の時にアトピー性皮膚炎を発症し、脱ステ、脱保湿をして5年目です。
> 先月、本人の仕事の都合で受診できない為、相談に伺った者です。その際、佐藤先生に「毎日顔が痒くなりこすりとる作業をして、保湿依存になっていないか」とのご指摘をいただきました。
>  この5年、顔など一部を水につけるとアトピー性皮膚炎の好発部位が数日後に一気に悪化する事を繰り返し、脱風呂状態にあります。
> 顔を含め皮膚の状態は、ステロイド外用をやめ、その2年後に発症の原因だった脂漏性湿疹の事を考えて、食事の油抜きをした際に酷い離脱症状が出て以降、滲出液が止まらない程の状態からは抜け出しました。
>  それは、入浴を全くせず、保湿剤を塗らず、の状態で耐えて過ごすと、1年程かければ先生の本の143ページの痂皮の小型化と色素沈着の状態まで戻るからではないかと考えました。ただ、現在が年々溜まった垢や汗などだけで痒いのか、細菌なのか、見た目はこの状態であっても、毎日掻き続けることが保湿依存になっているのか、私には分からず、一度先生に受診して肌を見て頂く機会があればと思っています。
>  本人も汗でシカシカしますし、不衛生だと脱風呂にも限界を感じていながら、明らかに悪化するのが辛くて、を繰り返しています。
>  話を聞くと、昨年の6月は顔に皮脂出現にまで至ったが、数回顔に水をつけたら好発部位、ステロイド外用をしたことのある場所が再び一気に悪化し辛くなったので、その時点から水を避けています。(一人暮らしをしているので私は見ておらず、昨年のやり方は、ゴシゴシをしてしまっているかもしれませんが)
>  この話をしたあと、先日実家に来たときに、この一年の汗でやはり我慢ならないと言うので、まずは足からということで、太ももまで数分、立った状態で湯船につかる事を2回だけ試しました。実家にはシャワーが無く、深めの浴槽の風呂桶のため、こうなりました。
>  2日だけ、どうしても暑かった日に、それを連日は用心して、10日間のあいだをあけて行いました。陰部はずっと痒いらしいので、つからないようにし、もちろんゴシゴシはせず、石鹸も使っていません。タオルでもポンポンを抑えるように拭いたようです。
>  すると、2回目のそれを行った4日後頃から、大変きれいになっていた膝のうらのかゆみが強くなり、掻きむしってしまい、肘の内側、首筋、顔と、今まで悪化していく時と同じ痒みの広がりがあったので、それ以上は水はつけないようにしています。
>  本人もですが家族を含め私もショックをうけてしまい、先生の本をもう一度読み返していた所、昨日気づいたことがあります。弟はひどいわきがで、10代の頃から何年もわきがに苦しんできました。いくつもの制汗剤を試しましたが効果がなく、22歳位のときにやっとたどり着いたのが、「ニベア花王株式会社の、エイトフオー」制汗デオドラントでした。どこの薬局にもたくさん並んでいます。この制汗剤は液体で脇に塗るタイプですが、これを弟は唯一皮膚に、毎朝一回脇に使用しています。
>  アトピー性皮膚炎を発症した24歳より数年前から使用し、肌が荒れることもなく、その後も使い続けています。発症の発端が不摂生すぎる食事による脂漏性湿疹に対して、ステロイド外用をした事だったため、そのステロイド剤はすぐにやめた為、脱ステしたと思っていました。
>  先生の本の漢方のページに、甘草は少しは外用ステロイドがもつステロイド作用を有すると書かれていたのが気になって、調べました。すると、エイトフオーに含まれる有効成分として、甘草から抽出したβ‐グリチルレチン酸の殺菌作用を利用していると書かれていました。
>  アマゾンの商品説明を読んだので、量までは分かりませんでしたが、これは、微量かもしれませんが、脱ステにはなっておらず、ステロイド外用を続けていたと考えられますでしょうか?
> 発症前の皮膚には問題がなかったかもしれませんが、現在の皮膚にはステロイド外用により生じた調節機構の攪乱が起こっていて、それがまだ続いている状態なのだと、本を読みながら思っております。
> 保湿依存にもなっているかもしれませんが、それとは別に、制汗剤から吸収している甘草の影響で、痒みが収まらない可能性も考えたほうが良いでしょうか。使用は止めたほうが良いでしょうか。
>  このことを脱ステしていると信じている本人には、まだ話せていません。エイトフォーは、弟がやっと見つけた命綱のようなものでした。外にでてわきがによる臭いで大変悩み、何年も苦悩していました。現在はわきがは気にしなくても大丈夫で、アトピー性皮膚炎のことで悩み、お風呂に入れるようになる日を願いながら、仕事にだけは行っている状態です。
> 精神状態をみていると、同じくらい効果のある制汗剤を探せるまでは、これを使用せずに外へ出ることは、おそらくできなくなってしまうだろうと思います。
>  うまくまとめることができず、長々とすみません。素人判断で考えていても、先に進めないと思ったため、こちらで質問をさせて頂きました。別の話になってしまうかもしれませんが、良い制汗剤をご存知の方いらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
 

はちさま

 投稿者:佐藤健二  投稿日:2017年 7月 9日(日)22時35分36秒
返信・引用
  制汗剤に入っているグリチルレチンの濃度は低いと思いますので、余り気にする必要はないかもしれません。しかし、見ないと分かりません。
その他の記述については実際に診察しないとなかなか分からないと思います。ぜひ、受診してください。
 

佐藤健二先生へ、制汗剤の成分について

 投稿者:はち  投稿日:2017年 7月 9日(日)16時33分38秒
返信・引用
  はじめまして、お世話になります。
私の弟は29歳で、24歳の時にアトピー性皮膚炎を発症し、脱ステ、脱保湿をして5年目です。
先月、本人の仕事の都合で受診できない為、相談に伺った者です。その際、佐藤先生に「毎日顔が痒くなりこすりとる作業をして、保湿依存になっていないか」とのご指摘をいただきました。
この5年、顔など一部を水につけるとアトピー性皮膚炎の好発部位が数日後に一気に悪化する事を繰り返し、脱風呂状態にあります。
顔を含め皮膚の状態は、ステロイド外用をやめ、その2年後に発症の原因だった脂漏性湿疹の事を考えて、食事の油抜きをした際に酷い離脱症状が出て以降、滲出液が止まらない程の状態からは抜け出しました。
それは、入浴を全くせず、保湿剤を塗らず、の状態で耐えて過ごすと、1年程かければ先生の本の143ページの痂皮の小型化と色素沈着の状態まで戻るからではないかと考えました。ただ、現在が年々溜まった垢や汗などだけで痒いのか、細菌なのか、見た目はこの状態であっても、毎日掻き続けることが保湿依存になっているのか、私には分からず、一度先生に受診して肌を見て頂く機会があればと思っています。
本人も汗でシカシカしますし、不衛生だと脱風呂にも限界を感じていながら、明らかに悪化するのが辛くて、を繰り返しています。
話を聞くと、昨年の6月は顔に皮脂出現にまで至ったが、数回顔に水をつけたら好発部位、ステロイド外用をしたことのある場所が再び一気に悪化し辛くなったので、その時点から水を避けています。(一人暮らしをしているので私は見ておらず、昨年のやり方は、ゴシゴシをしてしまっているかもしれませんが)
この話をしたあと、先日実家に来たときに、この一年の汗でやはり我慢ならないと言うので、まずは足からということで、太ももまで数分、立った状態で湯船につかる事を2回だけ試しました。実家にはシャワーが無く、深めの浴槽の風呂桶のため、こうなりました。
2日だけ、どうしても暑かった日に、それを連日は用心して、10日間のあいだをあけて行いました。陰部はずっと痒いらしいので、つからないようにし、もちろんゴシゴシはせず、石鹸も使っていません。タオルでもポンポンを抑えるように拭いたようです。
すると、2回目のそれを行った4日後頃から、大変きれいになっていた膝のうらのかゆみが強くなり、掻きむしってしまい、肘の内側、首筋、顔と、今まで悪化していく時と同じ痒みの広がりがあったので、それ以上は水はつけないようにしています。
本人もですが家族を含め私もショックをうけてしまい、先生の本をもう一度読み返していた所、昨日気づいたことがあります。弟はひどいわきがで、10代の頃から何年もわきがに苦しんできました。いくつもの制汗剤を試しましたが効果がなく、22歳位のときにやっとたどり着いたのが、「ニベア花王株式会社の、エイトフオー」制汗デオドラントでした。どこの薬局にもたくさん並んでいます。この制汗剤は液体で脇に塗るタイプですが、これを弟は唯一皮膚に、毎朝一回脇に使用しています。
アトピー性皮膚炎を発症した24歳より数年前から使用し、肌が荒れることもなく、その後も使い続けています。発症の発端が不摂生すぎる食事による脂漏性湿疹に対して、ステロイド外用をした事だったため、そのステロイド剤はすぐにやめた為、脱ステしたと思っていました。
先生の本の漢方のページに、甘草は少しは外用ステロイドがもつステロイド作用を有すると書かれていたのが気になって、調べました。すると、エイトフオーに含まれる有効成分として、甘草から抽出したβ‐グリチルレチン酸の殺菌作用を利用していると書かれていました。
アマゾンの商品説明を読んだので、量までは分かりませんでしたが、これは、微量かもしれませんが、脱ステにはなっておらず、ステロイド外用を続けていたと考えられますでしょうか?
発症前の皮膚には問題がなかったかもしれませんが、現在の皮膚にはステロイド外用により生じた調節機構の攪乱が起こっていて、それがまだ続いている状態なのだと、本を読みながら思っております。
保湿依存にもなっているかもしれませんが、それとは別に、制汗剤から吸収している甘草の影響で、痒みが収まらない可能性も考えたほうが良いでしょうか。使用は止めたほうが良いでしょうか。
このことを脱ステしていると信じている本人には、まだ話せていません。エイトフォーは、弟がやっと見つけた命綱のようなものでした。外にでてわきがによる臭いで大変悩み、何年も苦悩していました。現在はわきがは気にしなくても大丈夫で、アトピー性皮膚炎のことで悩み、お風呂に入れるようになる日を願いながら、仕事にだけは行っている状態です。
精神状態をみていると、同じくらい効果のある制汗剤を探せるまでは、これを使用せずに外へ出ることは、おそらくできなくなってしまうだろうと思います。
 うまくまとめることができず、長々とすみません。素人判断で考えていても、先に進めないと思ったため、こちらで質問をさせて頂きました。別の話になってしまうかもしれませんが、良い制汗剤をご存知の方いらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
 

台風様

 投稿者:佐藤健二  投稿日:2017年 7月 8日(土)00時25分11秒
返信・引用
  ご返事が遅くなり申し訳ございません。
入院していただけるようになれば、外来でお話いたしました通り、当方から連絡させていただきます。もうしばらくお待ちください。
勿論、外来通院をされることも問題ございません。遠くから来られるので、その点が気になります。
お大事に。
 

追記です。

 投稿者:山賊  投稿日:2017年 7月 7日(金)16時12分46秒
返信・引用
  ふとまるさんへ。

多分ですがアトピーの体質自体は私も再発しましたし一生治らないんだと思います。
先生の本で。皮膚の免疫不全ではないか?との考案がありましたが。その通りだとしたら生まれ持った症状。簡単に表すと「生まれもって目が見えない人」と状況は似てると思います。目が見えない人には他の五感の部分で代償作用が働くように。自分たちアトピーの人間には皮膚機能で何らかの代償作用が働き。その均衡が取れた時に皮膚炎が消えるのではないかな?と思います。
自分が治ってた時は均衡がとれていて。再発したときは食事代ケチってたりしてたせいで均衡が崩れて再発したのかなと思っております。

まぁこれは自分の場合なので人それぞれ違う部分があるのだとは思います。
ふとまるさんも無理しない程度に頑張ってください。
自分の過去を振り返ってどんな感じだったか状況を整理するのも有効かと思います。
そういうところに悪化原因潜んでたりしますんで
 

Re: ふとまるさんへのお返事です。

 投稿者:ふとまる  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時21分11秒
返信・引用
  > No.4190[元記事へ]

山賊さんへのお返事です。

痒みと無縁・・・・。
そっかー。やっぱり治るときは治るんですねー。
ありがとうございます!
まだまだ皮膚が浮いて白いし
ひっかいてばかりでラクセツだらけなので、
本当に治るのかと思ったりもしますが、
がんばります!

> 体の湿疹は消えて色素沈着も消えてましたね。
> 皮膚の質感は健常人と全く同じで痒みと無縁の生活でしたね。唯一手に少しだけ主婦湿疹があったくらいでした。
 

レンタル掲示板
/353