teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


モクタールについて

 投稿者:hiraseの嫁  投稿日:2018年 3月31日(土)22時54分1秒
返信・引用 編集済
  先日、乳児の湿疹のことでご質問させて頂いた、生後5ヶ月の赤ちゃんの母です。
顔や頭皮、胴体のジクジクしている部分が、痒みが強そうなのですが、モクタールを塗っても良いでしょうか?
教えて頂けますと幸いです、よろしくお願いいたします。
 
 

Re: 生後5ヶ月の心室中隔欠損症を持つ娘の湿疹治療について

 投稿者:ひなほのママ  投稿日:2018年 3月28日(水)13時24分21秒
返信・引用 編集済
  佐藤美津子さんへのお返事です。

昨日、早速、肉じゃがをしてみました。
味噌汁も大好きのようで、大人のお椀からゴクゴク飲もうとするくらいでした。
肉じゃがもじゃがいもにも人参にもお肉にも食らいつく興味のしめじぶりでした。まだ形状はドロドロでないと喉に詰まらせそうでしたので、少し潰してあげたら、興奮して食べていました。

ミルクもスポイドであげ、量は取るに足らないですが、味は大丈夫のようです。

ステロイドはIIのランクのものを使うという風に言われました。本当ならそんな強いものが必要なのか?と思うばかりでしたが、あちらからするとそのくらい酷いよと言いたいのだと思いました。

現在、一家で風邪が流行り、娘にもうつって、今5日くらいたちます。熱はなく、咳と痰が絡んで苦しそうなときがありますが、機嫌が悪いようなことはありません。

ただ、ただでさえ哺乳しづらい状況がさらにむせて飲めていない気がします。日に日に良くはなっています。


とにかく、4月の循環器の受診で経過観察になればまだ望みができるなぁと思っていますが、心疾患の方は体重が増えない、多呼吸がある以外は今のところ症状がなく、日中はおもちゃを触って遊んだり、喃語でお話ししてくれたり、笑ったりと、ぐったりしたり、意識朦朧みたいなことはありません。

こればかりは今考えてもわからないとは思いますが、ついつい気になり、弱気になります。

親が疲れたり、笑顔にかけると、てきめん子どもに響くのを感じるので、息抜きもしつつ、途中で気持ちも体力も切れないよう頑張ります。

ステロイド治療になった際は阪南病院皮膚科受診を考えてみたいと思います。

ありがとうございます!
 

Re: 生後5ヶ月の心室中隔欠損症を持つ娘の湿疹治療について

 投稿者:佐藤美津子  投稿日:2018年 3月28日(水)08時11分6秒
返信・引用
  > No.4433[元記事へ]

ひなほのママさんへのお返事です。

ひなほのママさんへ

肉じゃが、その通りです。柔らかさについては個人差があります。ドロドロでないとという子もいるし、固めが好きな子もいるし・・・
あなたたちが食べているのを見てほしがるのなら、きっと今あげている食事がおいしくないのだと思います。

呼吸は少し早いですね。でも食べさせていかないとですね。

もし、手術ということになり、ステロイド治療が必要ということになれば、阪南中央病院皮膚科で、止めることを見越して治療したほうがいいと思います。今は、小さい子にも、平気でⅢ群やらⅡ群の強いステロイドが使われる時代になっているので。

    佐藤小児科   佐藤美津子

> 佐藤美津子さんへのお返事です。
>
> 佐藤美津子先生
>
> お返事ありがとうございます。
> 肩で息するほどの多呼吸ではないですが、日中は毎分50回、就寝時は毎分40回程度です。
> 初診時は、5ミリの穴があいてる割には、比較的症状が少なく、5ヶ月までの体重は5キロをこえているので不良という訳ではないと言われました。そこからの経過観察で、体重が増えていればよかったのですが、横ばいだったので、手術の可能性もなくはないとの話でした。
>
> ただ、体重の増えは、毎日見ていて、心臓のせいだけではないかなと思うところがあり、湿疹が酷くなってから横ばい傾向が強いので、痒みを軽減し、離乳食やミルクを進めるのが、双方の疾患みても良いと思っております。
>
> 血液検査は食物アレルギーをみますとのことで、アルブミン値などはみておらず、利尿剤の副作用が気になるならカリウムなどの値も定期的に検査してもいいですけどという程度でした。
>
> なので、細かい離乳食に対する指導もありません。
>
> 大人と同じというと、例えば肉じゃがなら、お醤油や味醂まで足した味付けのものを食べさせるという認識でよろしいのでしょうか?
>
> 泣くことは別に制限されている訳ではありませんが、多分一時間でもほっておいたら泣くような気がしているのと、カロリー消費が気になり、無駄に泣かせたくないと親が思っているだけです。
>
> とにかく、心疾患もあり、湿疹もありで、必要以上に、大人が構い過ぎているのは、認識しております。
>
> 手術になれば、腹をくくって、それまでにできることをしたいと思います。
>
> きっと、今の病院ですと、ステロイド治療になると、国の出したガイドラインにのっとって、外用薬を使うことになると思いますが、もし先生でしたらどのような使い方をされますでしょうか?娘の肌の状態をお見せしていないので、申し訳ないのですが御見解を伺えたらと思います。
>
> お忙しいところ申し訳ありませんが、ご助言よろしくお願い致します。
>
>
>
> > ひなほのママさんへのお返事です。
> >
> > ひなほのママさん
> >
> > 心臓のほうの症状は、例えば呼吸がはやいとか、見られるのでしょうか?
> > 塩分制限は病院の方から言われていますか?
> >
> > もし言われてなければ、あなたたちと同じものをあげてみてはいかがでしょうか?
> > 塩分のことが言われている場合でも、1か月美味しく食べることができるぐらいの味付けはしないと食べません。
> >
> > 離乳食は2回に増やされてもいいと思います。
> >
> > 病院の先生から、あまり泣かさないようにと言われているのですか?
> > そうでなければ、搔きだしたら、あなたが別室へ行ってその場にいないようにするといいと思います。24時間泣かさないようには恐らくできないと思います。
> > 抗ヒスタミン剤は、多少効果があるかもしれないですが・・・。一度飲まされて効果が無ければ止めてもいいでしょう。
> >
> > ミルクは飲まなければ、スポイトで飲ますこともあります。
> >
> > 後、手術ですが、その際にはステロイドはやむを得ないです。皮膚についている細菌が、もし万一心臓に入ると、命にかかわる場合があります。以前、ステロイド治療して手術が終わり、体力が回復した時点から脱ステをはじめた方がいました。もちろん止めることができました。
> >
> > とにかくあなたと同じものを楽しく食べることが大切ではないかと思います。
> >
> >      佐藤小児科   佐藤美津子
> >
> >
> >
> > > 初めまして。心室中隔欠損症の娘が生後2ヶ月くらいから、全身に湿疹がでて、現在に至ります。ステロイドは一度も使用歴なしです。
> > >
> > > 4ヶ月検診受けるまでは、保湿剤もステロイドも使用歴なしでしたが、その時に心雑音と、ひど過ぎる湿疹で、大きな病院へ紹介状がでました。
> > >
> > > その後、大学病院でものすごくステロイド治療をすすめられましたが断り、モクタールを使用される皮膚科への受診をして、現在モクタールと強酸性水を使っています。
> > >
> > > 乾燥しているところは保湿剤をと言われましたが、逆に痒くなることが多く、一回でやめました。
> > >
> > > 頭と顔はかいても翌日にはカサカサと乾燥して、ジュクジュクなることはほぼなくなりました。赤みがあるところはあります。
> > >
> > > 今は心室中隔欠損症は、経過観察中ではありますが、5ミリの穴が空いている状態で、そのせいもあり、体重増加がほぼなく、今は横ばいの状態です。
> > >
> > > 手術適応になれば、ステロイド治療して手術しましょうと言われています。
> > >
> > > ただ、体重さえ増えて行けば、経過観察で乗り切れる大きさではあるそうです。
> > >
> > > 現在、利尿剤を服用中で、肺に流れ過ぎている血流による、肺のうっ血を緩和し、授乳量を確保することが目的のようです。
> > >
> > > 離乳食も4ヶ月終わりから始めていますが、なかなか進まず、しっかり食べれているとは言えません。
> > >
> > > 体重は現在5キロとちょっとくらいだと思います。
> > >
> > > 母乳なので、先生の本を読み、粉ミルクに変えようと思っていますが、哺乳瓶を受け付けないので、入院歴のある方に聞き、そちらで使われている哺乳器を注文して、届き次第チャレンジする予定です。
> > >
> > > 現在までの経緯は以上ですが、上記を踏まえて4点相談がございます。
> > >
> > > ①授乳は心疾患のせいで飲みにくさが若干あるようで、できれば離乳食をどんどん進めたいのですが、一回に食べる量がすくないので、現在5ヶ月でも1日1回食から2回に増やしてもいいのか?食べない時は何か改善の方法はあるのか?
> > > ただ、食べれる量はさておき、家族で食卓を囲んでいる時はものすごく欲しがります。食べるのがまどろっこしいのと、お腹も減ったので、泣いて機嫌が悪くなり、おっぱいを欲しがるという感じです。
> > >
> > > ②もし体重が増えず、中隔欠損症の手術をする場合は、やはり一旦ステロイド治療をする方が良いのでしょうか?
> > >
> > > ③痒みもそれなりにあり、ほっておこうとは思いますが、心疾患もあるので、泣きながらかいている時はやはり、心臓への負担も考えて、ほったらかすことができません。なので、皮膚科から抗ヒスタミン剤のシロップが処方されましたが、こちらを使用することについて何かご助言頂ければと思います。現在はまだ、使っておりません。
> > >
> > > ④大阪の病院まで、遠くはありますが受診も考えております。入院も可能であればしたいです。ただ心疾患があるので、そう言った場合はどうなりますでしょうか?
> > >
> > > 2つの疾患が絡んでおり、どうしたらよいが、迷うことばかりです。ご助言よろしくお願いします。
 

Re: 小春日和さま

 投稿者:小春日和  投稿日:2018年 3月28日(水)06時15分58秒
返信・引用
  佐藤健二さんへのお返事です。

ご多忙の中、ご返信いただきありがとうございました。
先生のご意見を伺え、とても安心いたしました。
悪化に対し、先週末より入浴回数と水分摂取を少し減らし患部をなるべく乾燥させるようにしたところ、昨夜から独特の不快感が治まってきたところです。
少しずつですが、脱ステ・脱保湿以降皮膚が強くなってきているのを実感します。
仕事をしていると見た目の悪化はかなり応えますが、やはり乾燥→脱皮が改善の近道だと思うので、本当に修行みたいな日々ですが何とか平常心を保てるよう頑張ります。
どうもありがとうございました。

> 感染を起こしているとは考えられません。ヘルペスによる全身の湿疹の悪化だと思います。セフカペンは不要だと思います。痒みに対して少し我慢してください。
 

小春日和さま

 投稿者:佐藤健二  投稿日:2018年 3月28日(水)01時03分51秒
返信・引用
  感染を起こしているとは考えられません。ヘルペスによる全身の湿疹の悪化だと思います。セフカペンは不要だと思います。痒みに対して少し我慢してください。  

Re: 生後5ヶ月の心室中隔欠損症を持つ娘の湿疹治療について

 投稿者:ひなほのママ  投稿日:2018年 3月27日(火)16時06分16秒
返信・引用
  佐藤美津子さんへのお返事です。

佐藤美津子先生

お返事ありがとうございます。
肩で息するほどの多呼吸ではないですが、日中は毎分50回、就寝時は毎分40回程度です。
初診時は、5ミリの穴があいてる割には、比較的症状が少なく、5ヶ月までの体重は5キロをこえているので不良という訳ではないと言われました。そこからの経過観察で、体重が増えていればよかったのですが、横ばいだったので、手術の可能性もなくはないとの話でした。

ただ、体重の増えは、毎日見ていて、心臓のせいだけではないかなと思うところがあり、湿疹が酷くなってから横ばい傾向が強いので、痒みを軽減し、離乳食やミルクを進めるのが、双方の疾患みても良いと思っております。

血液検査は食物アレルギーをみますとのことで、アルブミン値などはみておらず、利尿剤の副作用が気になるならカリウムなどの値も定期的に検査してもいいですけどという程度でした。

なので、細かい離乳食に対する指導もありません。

大人と同じというと、例えば肉じゃがなら、お醤油や味醂まで足した味付けのものを食べさせるという認識でよろしいのでしょうか?

泣くことは別に制限されている訳ではありませんが、多分一時間でもほっておいたら泣くような気がしているのと、カロリー消費が気になり、無駄に泣かせたくないと親が思っているだけです。

とにかく、心疾患もあり、湿疹もありで、必要以上に、大人が構い過ぎているのは、認識しております。

手術になれば、腹をくくって、それまでにできることをしたいと思います。

きっと、今の病院ですと、ステロイド治療になると、国の出したガイドラインにのっとって、外用薬を使うことになると思いますが、もし先生でしたらどのような使い方をされますでしょうか?娘の肌の状態をお見せしていないので、申し訳ないのですが御見解を伺えたらと思います。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご助言よろしくお願い致します。



> ひなほのママさんへのお返事です。
>
> ひなほのママさん
>
> 心臓のほうの症状は、例えば呼吸がはやいとか、見られるのでしょうか?
> 塩分制限は病院の方から言われていますか?
>
> もし言われてなければ、あなたたちと同じものをあげてみてはいかがでしょうか?
> 塩分のことが言われている場合でも、1か月美味しく食べることができるぐらいの味付けはしないと食べません。
>
> 離乳食は2回に増やされてもいいと思います。
>
> 病院の先生から、あまり泣かさないようにと言われているのですか?
> そうでなければ、搔きだしたら、あなたが別室へ行ってその場にいないようにするといいと思います。24時間泣かさないようには恐らくできないと思います。
> 抗ヒスタミン剤は、多少効果があるかもしれないですが・・・。一度飲まされて効果が無ければ止めてもいいでしょう。
>
> ミルクは飲まなければ、スポイトで飲ますこともあります。
>
> 後、手術ですが、その際にはステロイドはやむを得ないです。皮膚についている細菌が、もし万一心臓に入ると、命にかかわる場合があります。以前、ステロイド治療して手術が終わり、体力が回復した時点から脱ステをはじめた方がいました。もちろん止めることができました。
>
> とにかくあなたと同じものを楽しく食べることが大切ではないかと思います。
>
>      佐藤小児科   佐藤美津子
>
>
>
> > 初めまして。心室中隔欠損症の娘が生後2ヶ月くらいから、全身に湿疹がでて、現在に至ります。ステロイドは一度も使用歴なしです。
> >
> > 4ヶ月検診受けるまでは、保湿剤もステロイドも使用歴なしでしたが、その時に心雑音と、ひど過ぎる湿疹で、大きな病院へ紹介状がでました。
> >
> > その後、大学病院でものすごくステロイド治療をすすめられましたが断り、モクタールを使用される皮膚科への受診をして、現在モクタールと強酸性水を使っています。
> >
> > 乾燥しているところは保湿剤をと言われましたが、逆に痒くなることが多く、一回でやめました。
> >
> > 頭と顔はかいても翌日にはカサカサと乾燥して、ジュクジュクなることはほぼなくなりました。赤みがあるところはあります。
> >
> > 今は心室中隔欠損症は、経過観察中ではありますが、5ミリの穴が空いている状態で、そのせいもあり、体重増加がほぼなく、今は横ばいの状態です。
> >
> > 手術適応になれば、ステロイド治療して手術しましょうと言われています。
> >
> > ただ、体重さえ増えて行けば、経過観察で乗り切れる大きさではあるそうです。
> >
> > 現在、利尿剤を服用中で、肺に流れ過ぎている血流による、肺のうっ血を緩和し、授乳量を確保することが目的のようです。
> >
> > 離乳食も4ヶ月終わりから始めていますが、なかなか進まず、しっかり食べれているとは言えません。
> >
> > 体重は現在5キロとちょっとくらいだと思います。
> >
> > 母乳なので、先生の本を読み、粉ミルクに変えようと思っていますが、哺乳瓶を受け付けないので、入院歴のある方に聞き、そちらで使われている哺乳器を注文して、届き次第チャレンジする予定です。
> >
> > 現在までの経緯は以上ですが、上記を踏まえて4点相談がございます。
> >
> > ①授乳は心疾患のせいで飲みにくさが若干あるようで、できれば離乳食をどんどん進めたいのですが、一回に食べる量がすくないので、現在5ヶ月でも1日1回食から2回に増やしてもいいのか?食べない時は何か改善の方法はあるのか?
> > ただ、食べれる量はさておき、家族で食卓を囲んでいる時はものすごく欲しがります。食べるのがまどろっこしいのと、お腹も減ったので、泣いて機嫌が悪くなり、おっぱいを欲しがるという感じです。
> >
> > ②もし体重が増えず、中隔欠損症の手術をする場合は、やはり一旦ステロイド治療をする方が良いのでしょうか?
> >
> > ③痒みもそれなりにあり、ほっておこうとは思いますが、心疾患もあるので、泣きながらかいている時はやはり、心臓への負担も考えて、ほったらかすことができません。なので、皮膚科から抗ヒスタミン剤のシロップが処方されましたが、こちらを使用することについて何かご助言頂ければと思います。現在はまだ、使っておりません。
> >
> > ④大阪の病院まで、遠くはありますが受診も考えております。入院も可能であればしたいです。ただ心疾患があるので、そう言った場合はどうなりますでしょうか?
> >
> > 2つの疾患が絡んでおり、どうしたらよいが、迷うことばかりです。ご助言よろしくお願いします。
 

Re: 生後5ヶ月の心室中隔欠損症を持つ娘の湿疹治療について

 投稿者:佐藤美津子  投稿日:2018年 3月27日(火)15時25分40秒
返信・引用
  > No.4431[元記事へ]

ひなほのママさんへのお返事です。

ひなほのママさん

心臓のほうの症状は、例えば呼吸がはやいとか、見られるのでしょうか?
塩分制限は病院の方から言われていますか?

もし言われてなければ、あなたたちと同じものをあげてみてはいかがでしょうか?
塩分のことが言われている場合でも、1か月美味しく食べることができるぐらいの味付けはしないと食べません。

離乳食は2回に増やされてもいいと思います。

病院の先生から、あまり泣かさないようにと言われているのですか?
そうでなければ、搔きだしたら、あなたが別室へ行ってその場にいないようにするといいと思います。24時間泣かさないようには恐らくできないと思います。
抗ヒスタミン剤は、多少効果があるかもしれないですが・・・。一度飲まされて効果が無ければ止めてもいいでしょう。

ミルクは飲まなければ、スポイトで飲ますこともあります。

後、手術ですが、その際にはステロイドはやむを得ないです。皮膚についている細菌が、もし万一心臓に入ると、命にかかわる場合があります。以前、ステロイド治療して手術が終わり、体力が回復した時点から脱ステをはじめた方がいました。もちろん止めることができました。

とにかくあなたと同じものを楽しく食べることが大切ではないかと思います。

     佐藤小児科   佐藤美津子



> 初めまして。心室中隔欠損症の娘が生後2ヶ月くらいから、全身に湿疹がでて、現在に至ります。ステロイドは一度も使用歴なしです。
>
> 4ヶ月検診受けるまでは、保湿剤もステロイドも使用歴なしでしたが、その時に心雑音と、ひど過ぎる湿疹で、大きな病院へ紹介状がでました。
>
> その後、大学病院でものすごくステロイド治療をすすめられましたが断り、モクタールを使用される皮膚科への受診をして、現在モクタールと強酸性水を使っています。
>
> 乾燥しているところは保湿剤をと言われましたが、逆に痒くなることが多く、一回でやめました。
>
> 頭と顔はかいても翌日にはカサカサと乾燥して、ジュクジュクなることはほぼなくなりました。赤みがあるところはあります。
>
> 今は心室中隔欠損症は、経過観察中ではありますが、5ミリの穴が空いている状態で、そのせいもあり、体重増加がほぼなく、今は横ばいの状態です。
>
> 手術適応になれば、ステロイド治療して手術しましょうと言われています。
>
> ただ、体重さえ増えて行けば、経過観察で乗り切れる大きさではあるそうです。
>
> 現在、利尿剤を服用中で、肺に流れ過ぎている血流による、肺のうっ血を緩和し、授乳量を確保することが目的のようです。
>
> 離乳食も4ヶ月終わりから始めていますが、なかなか進まず、しっかり食べれているとは言えません。
>
> 体重は現在5キロとちょっとくらいだと思います。
>
> 母乳なので、先生の本を読み、粉ミルクに変えようと思っていますが、哺乳瓶を受け付けないので、入院歴のある方に聞き、そちらで使われている哺乳器を注文して、届き次第チャレンジする予定です。
>
> 現在までの経緯は以上ですが、上記を踏まえて4点相談がございます。
>
> ①授乳は心疾患のせいで飲みにくさが若干あるようで、できれば離乳食をどんどん進めたいのですが、一回に食べる量がすくないので、現在5ヶ月でも1日1回食から2回に増やしてもいいのか?食べない時は何か改善の方法はあるのか?
> ただ、食べれる量はさておき、家族で食卓を囲んでいる時はものすごく欲しがります。食べるのがまどろっこしいのと、お腹も減ったので、泣いて機嫌が悪くなり、おっぱいを欲しがるという感じです。
>
> ②もし体重が増えず、中隔欠損症の手術をする場合は、やはり一旦ステロイド治療をする方が良いのでしょうか?
>
> ③痒みもそれなりにあり、ほっておこうとは思いますが、心疾患もあるので、泣きながらかいている時はやはり、心臓への負担も考えて、ほったらかすことができません。なので、皮膚科から抗ヒスタミン剤のシロップが処方されましたが、こちらを使用することについて何かご助言頂ければと思います。現在はまだ、使っておりません。
>
> ④大阪の病院まで、遠くはありますが受診も考えております。入院も可能であればしたいです。ただ心疾患があるので、そう言った場合はどうなりますでしょうか?
>
> 2つの疾患が絡んでおり、どうしたらよいが、迷うことばかりです。ご助言よろしくお願いします。
 

生後5ヶ月の心室中隔欠損症を持つ娘の湿疹治療について

 投稿者:ひなほのママ  投稿日:2018年 3月27日(火)04時00分18秒
返信・引用
  初めまして。心室中隔欠損症の娘が生後2ヶ月くらいから、全身に湿疹がでて、現在に至ります。ステロイドは一度も使用歴なしです。

4ヶ月検診受けるまでは、保湿剤もステロイドも使用歴なしでしたが、その時に心雑音と、ひど過ぎる湿疹で、大きな病院へ紹介状がでました。

その後、大学病院でものすごくステロイド治療をすすめられましたが断り、モクタールを使用される皮膚科への受診をして、現在モクタールと強酸性水を使っています。

乾燥しているところは保湿剤をと言われましたが、逆に痒くなることが多く、一回でやめました。

頭と顔はかいても翌日にはカサカサと乾燥して、ジュクジュクなることはほぼなくなりました。赤みがあるところはあります。

今は心室中隔欠損症は、経過観察中ではありますが、5ミリの穴が空いている状態で、そのせいもあり、体重増加がほぼなく、今は横ばいの状態です。

手術適応になれば、ステロイド治療して手術しましょうと言われています。

ただ、体重さえ増えて行けば、経過観察で乗り切れる大きさではあるそうです。

現在、利尿剤を服用中で、肺に流れ過ぎている血流による、肺のうっ血を緩和し、授乳量を確保することが目的のようです。

離乳食も4ヶ月終わりから始めていますが、なかなか進まず、しっかり食べれているとは言えません。

体重は現在5キロとちょっとくらいだと思います。

母乳なので、先生の本を読み、粉ミルクに変えようと思っていますが、哺乳瓶を受け付けないので、入院歴のある方に聞き、そちらで使われている哺乳器を注文して、届き次第チャレンジする予定です。

現在までの経緯は以上ですが、上記を踏まえて4点相談がございます。

①授乳は心疾患のせいで飲みにくさが若干あるようで、できれば離乳食をどんどん進めたいのですが、一回に食べる量がすくないので、現在5ヶ月でも1日1回食から2回に増やしてもいいのか?食べない時は何か改善の方法はあるのか?
ただ、食べれる量はさておき、家族で食卓を囲んでいる時はものすごく欲しがります。食べるのがまどろっこしいのと、お腹も減ったので、泣いて機嫌が悪くなり、おっぱいを欲しがるという感じです。

②もし体重が増えず、中隔欠損症の手術をする場合は、やはり一旦ステロイド治療をする方が良いのでしょうか?

③痒みもそれなりにあり、ほっておこうとは思いますが、心疾患もあるので、泣きながらかいている時はやはり、心臓への負担も考えて、ほったらかすことができません。なので、皮膚科から抗ヒスタミン剤のシロップが処方されましたが、こちらを使用することについて何かご助言頂ければと思います。現在はまだ、使っておりません。

④大阪の病院まで、遠くはありますが受診も考えております。入院も可能であればしたいです。ただ心疾患があるので、そう言った場合はどうなりますでしょうか?

2つの疾患が絡んでおり、どうしたらよいが、迷うことばかりです。ご助言よろしくお願いします。
 

Re: hiraseさま

 投稿者:hiraseの嫁(赤ちゃんの母)  投稿日:2018年 3月26日(月)23時53分20秒
返信・引用
  佐藤美津子さんへのお返事です。

2度目の質問にもかかわらずご回答いただきありがとうございました。
離乳食はドロドロからになりそうですが、
始めていこうと思います。

受診のこともありがとうございます。
8時目指そうかな。
さくら、いいですね。

> hiraseの嫁(赤ちゃんの母)さんへのお返事です。
>
> hiraseの嫁(赤ちゃんの母)さん
>
> 離乳食はまだでしょうか?
> 大体4か月から始めて、5か月なら鶏のから揚げを噛み砕いてあげた方もいます。
> 6か月でカレーライスを食べた赤ちゃんもいました。
> 6か月でおにぎり食べた子もいました。5か月で3回食の子も。6か月で3回親と同じものを子ども茶碗3杯(1回量)食べた子も。今まであげてなければ、ドロドロから始めないとダメかもしれないですが。
> あなたと同じ味、同じものを食べやすくして、一緒に美味しく食べる―これが大切です。
> 5か月なので、ミルクだけでは体重は増えないかもしれません。7Gなら1か月で210Gになるので、仕方ないのかもしれません。かなり無理にミルクを飲ませている気がしますが、無理強いは良くないと思います。10%濃い濃度で飲ませると、800㏄で900㏄近くのんでいるという計算になるので、今からは離乳食ではないかと思います。
>
> 阪南中央病院受診時は、朝8時までに行かれたら午前中に終わるかと思います。中には、前泊される方もいます。受診時は、先に検査をしていただくことをお勧めします。アルブミンなど栄養状態の検査です。
> 先にしていれば、診察時までには結果が出ています。
>
> 待ち時間については、もしかしたらお友達ができるかもしれません。
> あるいは、そばが大泉緑地なので、今ならお天気が良ければ、桜見物ができると思います。
>
>       佐藤小児科   佐藤美津子
> 少し、お子様のアトピーを忘れて、花を愛でることもいいのかなと思います。
>
> > 佐藤健二、佐藤美津子さんへのお返事です。
> >
> > すみません、前回お伝え損ねていたことも含め、もう少しご相談させていただけますでしょうか。
> > 皮膚の状態について、「顔全体と頭皮と体は関節の一部分がじゅくじゅくしている状態」とお伝えしていたのですが、
> > 実際は肩、胸、お腹も赤くなっており、ところどころ、若干浸出液が出ている部位もあり、
> > もう少し炎症部位は広いのが現状です。
> > 1月に悪化し、2月には回復傾向だったのですが、3月に入ってからはまた悪化傾向のため、
> > このままではさらに悪化が進むのではと心配しています。
> > なお、大垣市のたらお皮膚科では温かくなってきたので様子を見ながら洗うようにした方がいいとご指導いただき、
> > 時々お湯洗い(石鹸・シャンプー等なし)していますが、洗ったことの影響は良くも悪くも無いかなと感じています。
> >
> > また、皮膚と関係があるか分からないのですが、体調面も心配なことがあります。
> > ミルクはもう少し細分化して与えるようにしたところ、1日に950milくらいは飲めているのですが、
> > ここ1週間の体重増加ペースは1日当たり7gで、標準の10~20gに比べるとペースが悪いようです。
> > また、相変わらずミルクを飲んだ後には、しばしばえずくようにむせて、ミルクの吐き戻しがあり、
> > 大抵は10~20milですが、たまに全量に近いと思われる量を吐いたこともありました(今月に入ってからひどい気がします)。
> > また、今月に入ってから、声がややかれ気味で、たまに咳をします。
> > 熱は平熱36.5~37.5度の範囲内で、基本的にはおおむね元気ではあるのですが・・・。
> > 皮膚と無関係なのか、皮膚が荒れたのが体調に影響しているのか(あるいはその逆なのか)、
> > 分からないのですが、主人もアトピーがひどくなった時は体重が激減したことがあったので関係もあるのかと気になっています。
> >
> > 最後に、阪南中央病院の皮膚科を受診させていただく場合、
> > 移動で片道3時間ほどかかり、さらに待ち時間が長時間となりますと、
> > 5か月手前の赤ちゃんの体力面なども心配になってしまうのですが、
> > 遠方から赤ちゃんが受診する場合はこうするとよい(受付時間など)、
> > などありましたらご教示願えますと幸いです。
> >
> > 長文になり、また厚かましいご質問もあり大変恐縮ですが、
> > お答えいただける範囲でお答えいただけますと幸いです。
> > よろしくお願いいたします。
> >
> > > 1.ミルクアレルギーと考えにくいです。
> > > 2.ミルクが900mlに減っても体重がこれまで通り増えていれば余り心配は要りません。むせる理由は分かりません。900mlでむせなければしばらくその量で経過を見られてはいかがでしょう。10%濃い濃度で飲ませていますか?
> > > 3.「顔全体と頭皮と体は関節の一部分がじゅくじゅくしている状態」だと、それほど重症の様には思えません。
> > > 4.5ヶ月ですので、離乳食は始めていただいていますか?4か月になれば始めるように言っています。
> > > 5、アレルギーの検査はあてになりません。おそらくいっぱいアレルギーがあるという結果が出るでしょう。
> > > 6.佐藤小児科のマイクリニックのHPを開き、「6ヵ月調査が論文になりました」をクリックし、2015年にした調査の結果を見てください。使わないのがベストです
> > > 7.検査結果で問題になる点は、アルブミン値と電解質です。ミルクなので電解質「ナトリウム、カリウム」はおそらく正常範囲だと思います。が、アルブミンは低いだろうと思います。2gを切れば、問題ですが、それ以上なら様子は見れます。
> > > 8.焦らないことが大事です
> > > 9.心配そうな目で見ないことも大事です
> > > 10.ミルクなので、あなたが育児を代わってあげるとかもいいかもしれないですね
> > > 11.ご心配なら、阪南中央病院皮膚科を受診してください。火曜と木曜の午前のみです。関東とかからも来られています。
 

やや感染を起こしていますか?

 投稿者:小春日和  投稿日:2018年 3月26日(月)23時16分17秒
返信・引用
  佐藤健二先生

他の相談者も多い中、大変申し訳ありません。
3月上旬に顎と頚部にヘルペスができ、数日様子をみても治まる気配がないので手持ちのバラシクロビルを内服しヘルペス疹は治まりましたが、以後 主に顔面と頚部が鱗状にガサつき白く粉をふいた状態が続いています。先週末より、その部位がジリジリとひきつる感じで、全身の脱ステ部も急に痒みが強くなってきました。
浸出液はなく乾燥はしているのですが、軽く感染を起こしていると思われますか?皮疹部にやや発赤もみられます。
自宅にセフカペンピボキシルがあるのですが、浸出液が出ていない状態でも軽く感染を起こしていそうな時は、服用した方が良いのでしょうか?
ご多忙の中申し訳ありませんが、ご返信をよろしくお願い致します。

ちなみに、佐藤先生の治療方針の基本項目は、運動以外はほぼ守れていると思います。
仕事をしているとなかなか運動までの余力がないので、仕事中になるべく歩き回っています。
 

レンタル掲示板
/377