teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


A◯B48 おっぱい祭り! OXjUIAUw

 投稿者:おっぱい オッパイ OXjUIAUw  投稿日:2013年 6月23日(日)11時09分43秒
  おっぱい祭り開催中!! さ◯こ登場!

http://8617.teacup.com/opena/bbs/smartphone?M=JU&JUR=http%3a%2f%2ftiny%2ecc%2fje20yw

 
 

液晶テレビの遅延について2

 投稿者:管理人です  投稿日:2009年 5月23日(土)11時22分49秒
  液晶テレビの遅延ですが、検証の結果からいっても、確かにあると思います。
いままで「A」というゲームをブラウン管でやっていて、それから液晶でおなじ「A」というゲームをやってみると、遅延を感じ、不快に思います。
ですが、液晶テレビで「B」というゲームをはじめてやり、それを液晶テレビでやり続けていく分には、まったく遅延は感じられません。
脳がそれに対応するから・・・・らしいです。
「A」のゲームも液晶テレビでやり続けていけば、遅延はまったく感じられなくなります。
感じられなくなるはずなのです。
もし、いつまでたっても遅延を感じるようであれば、それはあなたの「脳」が環境の変化についていけない「脳」をもっているから・・・・ということになります。
 

液晶テレビの遅延について

 投稿者:管理人です  投稿日:2008年 8月24日(日)10時49分1秒
  液晶テレビと、昔のブラウン管のテレビと、一台のゲーム機からコンポジット端子を
2分割し同時に出力して、その遅延状況を調べてみました。
液晶テレビはシャープのアクオスです。ブラウン管テレビはビクターの19インチです。
時間の表示されるゲームで(1000分の一秒を表示するゲーム)デジカメの連続撮影を
行い、液晶テレビとブラウン管テレビとに表示される「時間」の差によって
遅延がどれくらいあるのかを調べました。
結果・・・・・・・約0.1秒 液晶テレビが遅延していました。
 

イース2の攻略の続き

 投稿者:管理人です  投稿日:2007年 9月25日(火)20時51分53秒
  ごめんなさい未定です。
もし、ゲームを進めていてわからないところがあったら、書き込んでみて下さい。
わかる範囲でお答えできれば、と思いますので。
 

(無題)

 投稿者:なおや  投稿日:2007年 9月16日(日)16時31分30秒
  イース2の攻略の続きはいつできますか?  

下記WIZについての注意

 投稿者:管理人です  投稿日:2007年 5月27日(日)23時48分21秒
  誤字脱字、読みにくいところなどありますが自己修繕しながら、お読みください  

WIZについて 続き3

 投稿者:管理人です  投稿日:2007年 5月27日(日)23時44分28秒
  WIZをはじめてやったとき、レベル7のパーティでコントロールセンターで全滅しました。
わたしの主人公たちはレベル7で全滅してしまうというストーリーで終わりませんでした。
なぜならその人たちは主人公ではなかったのです。主人公になるかもしれない、英雄の
候補だっただけです。次のパーティが迷宮に探索に行きました。その人たちも英雄には
慣れませんでしたが、次のパーティは見事英雄になりました。先の二つのパーティは
その迷宮の恐さを物語る伝説となりました。ゲームをしながら小説のような想像ができる。
想像することは楽しいです。楽しくないなら、有名なゲームも生まれてなかったでしょう。
思わず自分で物語が作れてしまう・・・・・・・・そんな楽しさがWIZだと思うのですが、
みなさん、どのように思われます?w
 

WIZについて 続き2

 投稿者:管理人です  投稿日:2007年 5月27日(日)23時35分22秒
  わたしはそのボスに対し、わたしの操る主人公は、わたしの好きな職業で倒したかったのっです。もちろん主人公はこのわたしだと思っていました。
結局、無理でした。ためしに転職したら、簡単に倒せました。
戦国時代を好きなわたしは、敵を知り己を知れば百戦あやしからず、といったことも
幸いなことに知っていたので、その転職した職業でボスと戦えば勝てるのは予想していました。
が、わたしのプレイしていたゲームは、戦国シミュレーションゲームではありませんでした。
わたしは、二度とそのゲームをやりませんでした。今では10作以上も続編が作られている
ゲームですが、そのうちの1作も、それ以来プレイしていません。有名なゲームなので
映画にもなりました。映画は見ました。面白かったです。映画はもっと見たいと思いました。
 

WIZについて 続き

 投稿者:管理人です  投稿日:2007年 5月27日(日)23時23分42秒
  映画や小説の主人公は、物語上、英雄なので、絶対に死にません。死ぬ作品もありますが、
主人公が死んだら、その後こうなりました、といった形で、物語は終了すると思います。
あるときわたしはある有名なRPGをしました。途中にボスのような存在がいて、
それを倒さないと先に進めない状態になりました。
わたしはそのとき、そのゲームで自分の好きな職業でボスと戦っていました。
最初、勝てませんでした。レベルを5つほど上げました。それでも勝てませんでした。
ゲームは小説と違い、自分で選択できるという利点があります。城から出たときに
東へ行くのか、西へ進むのか、などといった選択も、そのひとつです。
昔はゲーム機など無かったので、小説を読んで楽しんでいましたが、今はゲーム機があります。
 

WIZについて

 投稿者:管理人です  投稿日:2007年 5月27日(日)23時14分16秒
  ウィザードリィをつまらないと言う掲示板をよそで見たので、そのことについて、少々。
数十時間かけて育てたキャラクターが瞬時で全滅してしまって、そのバランスの悪さに
つまらないと思った。同じところを行ったり来たり、ただの経験値稼ぎのゲーム。といった、内容でした。
わたしは、小説をよく読みます。主に戦国時代の小説ですが。戦国時代に生まれてみたかったとは
思いませんが、小説の中で主人公になりきるような感覚は体験します。
映画でも、そのような感覚を体験することもあります。いわゆる感情移入といわれるものだと思いますが。
たとえば恐怖映画を見たりすると、主人公に対し、なぜそっちへ行くの?どうしてそんな作戦を考えるの?
と、行った具合になり、そのうちに、わたしならこう考えるとか、こういう行動をとるとか考えます。
 

レンタル掲示板
/7